仕手株とは仕手筋によって株価を操作され、株価の急騰や急落が起こる株のことです。どれが仕手株なのか見極めれれば急騰株を掴むことができ、急落株を避けることができます。

仕手株になりにくい東北電力となりやすいポプラ

突如として材料も無しに株価が上昇し、上昇したかと思ったらそれと同じぐらいのスピードで下落をしていく値動きを見たことがあるという人もいるかも知れませんが、これは仕手株といって人為的に株価を操作して株を売りつけようとする仕手筋の仕業です。
このような値動きをするのが全て仕手株というわけではありませんが、定期的にこのような動きがある場合にはその可能性が高いもので、下手に株価上昇しているからと何かの材料があるのではと思って飛びつけば大きな損失を抱えてしまうことになります。

仕手株はどのような銘柄でも起こるのかというとそのようなことはなく、東北電力のように常に一定の業績があり時価総額も大きな銘柄というのは、仕手筋には狙われにくいものとなっています。
その理由としてはまず第一に株価の吊り上げが難しいというものがあり、仕手株は株価を人為的に吊り上げてそれまで仕込んだ株を売りつけるわけですから、吊り上げることが出来るだけの余裕がなければ成り立ちません。
しかし、東北電力レベルの規模の銘柄ともなれば吊り上げも容易に行うことができないので、仕手株化することが難しく狙われにくいものとなっています。

それに対してポプラのような東証一部の銘柄であっても、時価総額が50億程度であれば少しの資金力があれば吊り上げを行うことができますし、企業としての魅力も赤字が多く普段はそれほど活発に売買されていないことから、株を少しずつ買い集めても株価が値上がりしてしまうということもありません。
そのため、高値で売りつけるための株を仕入れやすく株価の吊り上げも行いやすいことから、ポプラは仕手株化しやすい条件の整った銘柄となっています。