仕手株でうまく稼ぐには

仕手株とは仕手筋によって株価を操作され、株価の急騰や急落が起こる株のことです。どれが仕手株なのか見極めれれば急騰株を掴むことができ、急落株を避けることができます。

仕手株の一覧から分かること

仕手株の一覧を見れば、それらの銘柄に共通していることを見て取れます。ざっと見ただけでも、有名な企業がないことは分かるでしょう。メガバンクや大手自動車株などは見かけません。全体として小型株が多いという傾向があります。一部市場の中では小型株が多く、また、二部市場に上場している銘柄やジャスダック銘柄などが多くを占めていることが分かるでしょう。

実際にチャートを見てみると、それほど大きなニュースがなくても動いていることが分かります。仕手株の一覧からいくつかピックアップして過去のチャートを見ながら、そのときに流れたニュースを見てみましょう。業績発表のニュースが流れることもありますが、どちらかというと株価が上昇したことがニュースになっていることが多いです。出来高ランキングや株価上昇率ランキングなどに登場したことがニュースになっている場合、上昇の根拠が分からないことが多いです。たいした材料がなくても動くという共通点があります。

なぜこれが起るのかというと、仕手株の一覧を見て取引する人がいるからです。相場全体に占める割合は小さいと考えられますが、一つの銘柄を動かすのには十分な投資家がいると考えられます。このような人が仕手株の一覧を見ながら次に仕手に狙われる銘柄を探すために、再び買われる傾向があるのです。

常連仕手銘柄と呼ばれるものもあり、たびたび仕手に狙われて言います。これらは相場のちょっとした動きに反応して相場を形成することがあります。ですから、仕手株で儲けてみたいと考えているのであれば、まずは一覧にあるような銘柄の動きをチェックしてみるのが良いです。それらをチェックしておけば、タイミングをつかめる可能性が広がります。

●注目銘柄や投資顧問の口コミ、評価
仕手株ツウ御用達!!銘柄選びガイド
●投資でうまく稼ぎたいならこのブログをチェック
投資顧問